中古の家を買いました。

今主婦で実家から遠くにいます


私は今主婦で実家から遠くにいますが、私が中学生位の時に、両親が一生懸命働いて、築20年くらいの中古住宅を購入しました。
今まで賃貸暮らしだったので、とてもうれしかった記憶があります。

 

3人の子供がいるので初めから新築は考えていなかったようです。
今までいろいろと、中古住宅を探していた事は知っていましたが、やっと巡り会えた感じがしたといいます。

 

多分そこの家や土地に縁があったのだと思います。
営業マンの人もそういったことを言っていました。

 

スムーズに購入までたどりつきました。
なかなか今まで探していたのですが、問題があったりスムーズにいかないことが多かったみたいです。

 

入るときには家族みんなで、クタクタになるまで掃除をしました。
結構汚れていました。

 

隣には小さいながらも家庭菜園ができるスペースがありました。
トマトやら、きゅうり、茄子、など植えたりしました。

 

私は動物が大好きなのですが、賃貸暮らしでは飼えなかったネコを飼ってもらえることになりとてもうれしかったです。
あれから嫁はいき、たまに実家に夫と帰ることがありますが、本当に、あの時、一軒家を購入できてよかったなーっていまだに思います。

 

気兼ねなく泊まることもできますし、両親は、古くなった家だけれど、自分たちで直したり、ちょっとしたリフォームしたりして暮らしています。

 

引越しをするときには引越し屋さんを利用しなくてもいい場合もあります


引越しをするときには常に引越し屋さんを利用しなければならないというわけではありません。
うまくいけば引越しの費用を節約することもあります。

 

私は何度か引越しを経験しているのでその時の体験談を交えて、引越しのコツを紹介していこうと思います。
まず、大きくて重たいものはお金を払ってでも処分してもらう方が良いこともあります。

 

冷蔵庫や洗濯機、テレビなどは自分で運ぶのは大変なので引越し屋さんに運んでもらうしかありません。
しかし、それはお金が掛かります。

 

そして何年も電化製品を使っていると劣化してくるものです。
そうなので、それをお金を払って処分してもらう方が良い場合もあります。

 

お金は少々かかりますが、引越しの手間は小さくなります。
私は処分をしてもらったので自家用車のみで引越しをすることができました。

 

引越しをするときには不必要なものはどんどん処分してしまうのがいいですね。
どうしても捨てられないものだけを運ぶと引越しは簡単になります。

 

引越し安いところをお探しなら【格安で引越しする方法】
http://引越し安いところ.com
引越しやさんをここで探してみましょう。

2014/07/12 16:27:12 |

 急いで引っ越ししなければいけない状況になった。
 ダンナが、「2週間後に福岡支店に転勤する」と言い出したためだ。

 

 結婚して半年。
全国各地への転勤は必至と覚悟していたけれど、こうも突然に、唐突に、何の前触れも無く、こちらの都合も考慮せず、上から目線で「福岡へ行け」と言えるものだね。

 

 半ば呆れながらも、仕方ないかと割り切って、引っ越し業者を選ぶことにした。
 できることなら引越しの荷造り作業はしたくない。

 

楽に、楽に、完了させたい。
 でも、会社からの補助金には限度がある…。

 

「引っ越し〇〇パック」か、あるいは「自力で頑張れ」タイプか…。
 どの業者も同じようなサービスに思えて、選定に思ったより時間がかかった。

 

しかし、数ある業者の中でも私のハートをつかんだのは…。
某「〇〇のマークの引越社」。

 

 なぜ、この業者に”ビビビ”ときたのかというと、この業者が「見積もり後、正式申込みでキティちゃんのトースターをプレゼント」のキャンペーンをしていたためだ。
 その他の業者は、「段ボール30枚無料進呈」とか、「10%割引」というサービスだったけれど、この「〇〇マーク」は違う。

 

私としては、会社から命令される引っ越し。
段ボールをもらっても、引っ越し代金を割り引いてもらっても、ちっとも嬉しくない。

 

それよりも「引っ越し作業、頑張ったね♪」とご褒美が欲しいわけだ。
 …ということで、私はキティのトースターに惹かれ、「〇〇マーク」にした。

 

 引っ越し作業は面倒だし、苦痛だったけれど、新しい住まいでキティの顔の形に焼き色がついている食パンを食べると、「新しい土地で、ダンナと頑張れよ」と言われているような気がする。

2014/06/17 16:27:17 |

小さい頃に3度引越ししましたが、当時引越しといえば親族全員で新居の掃除から家具運び&設置まで業者さんの手を借りる事なく全て身内でやってました。

 

なので結婚して初めて引越し業者さんをお願いする事になった時、最初は相場も全くわからなくて大変でした。

 

面倒だからどこか有名そうな所1社だけに絞って頼もうかと思いましたが、周りの人は「何社かに見積もりを出してもらって一番安くて安心な業者さんを選んだほうが良い!」との事で、引越しまでの時間もなかったので1日に5社の業者さんに来て頂く事になりました。

 

安いのは勿論ですが、まず予約していた時間に遅れて来られた2社さんは即効除外させて貰いました。

 

時間にルーズなのはちょっと・・・次は値段と営業の方の雰囲気で結局大手の業者さんに決定!大手は凄いもので(大手じゃなくても当たり前なのかな?)今この時点で返事貰えなければこの金額にはなりません!と言われるし、もう営業車の後ろにはダンボール積んでいて契約するとすぐにダンボール渡されました。

 

ちょっと強引さはありましたが、引越し当日はとても作業が早く、細かな所まできちんと仕切って下さったので、昔親族でやった引越しも楽しかったけどやっぱり素人集団で時間はめちゃかかったのに比べ、プロは凄いなぁ〜とただただ関心した1日でした。

2014/06/17 16:27:17 |

子供が生まれて夫婦二人の時から既に手狭だった1LDKのアパートから一戸建てに引っ越しました。
作業手順としては、引越し日の決定(これはアパートに次の人が入居する日が決まっていた為、必然的にその前日までしか延ばせず)、引っ越し業者の手配(物は多くなかったので、バンを持っていて運転してくれる作業員として個人で仕事をしている人を引越し体験済の友人から紹介してもらいました)、荷物の梱包用の箱や梱包紙をネットを通じて調達、梱包開始、引越し後のアパートを掃除してくれる人の手配、手伝ってもらう親戚や友人の手配、そして引越し当日の運び出し入れ。

 

狭いアパート内に当日まで生活を続けながら全てを梱包して保管しておく場所はなかったので、旦那が作業員と大きい物や梱包済の荷物を運んでいる間に、私は残った荷物の梱包を続け、後から友人に手伝ってもらって自家用車で搬送しました。
作業員さんは良い口コミで選んだだけあり、てきぱき作業をしてくれて明朗会計、おかげで全体的にスムーズに引越しは完了。

 

この経験から得たスムーズ、安価な引越しのコツは、事前に段取りをしっかり立てておくこと、友人や親類の手を必要に応じて借りること(あまり大人数だとその後のお礼を兼ねての食事代などが高くつくので、あくまで適正人数)、そしてやはり、早めに梱包できるものから梱包をとにかく進めておくこと。
特に台所用品はガラスや陶器も多く、梱包に時間がかかります。

 

整理整頓が苦手=梱包の手際も悪い配偶者の場合は、本など簡単な物を指定してあげて、とにかく手伝ってもらうこと、といった感じでしょうか。

2014/06/17 16:27:17 |

私が初めて業者を利用した引越しを行ったのは、大学生活も四年目のことでした。
卒業後の就職先も何とか決まり、それまで住んでいた風呂無しトイレ共同の部屋から、会社から近いアパートに移り住むことにしたのです。

 

移動距離が結構ありましたし、一人暮らしをはじめてからバイト代で頑張って購入した家具もあったので、その全てを荷物としてもって行くならばプロに頼むのが確実かなと思いました。
それまでに引越し業者というものを利用したことがなかったので勝手がわからずに、とりあえず大手の引越し業者に見積もりを依頼してみることにしましたね。

 

見積もってもらった金額は思っていたよりずっと高くて、私は即決することを躊躇いました。
業者を依頼することをやめることも検討しながら、別の業者にも査定を頼んでみます。

 

すると一万円以上も代金に差がでることになり、そこでちょっと疑問を感じました。
まだ予算よりも高いと思える金額でしたから、他にも幾つか業者を当たってみて、その料金のばらつきに絶句しました。

 

安く見積もってくれている業者を例に出して、なんとなく値下げ交渉をしてみればそれも成功し、引越し代金というものは随分アバウトなものなのだと身をもって感じましたね。
結局当初想定していた金額内で、満足のいく引越しを行うことができ、それからは業者選びから真剣に引越しを考えるようになりました。

2014/06/17 16:27:17 |

家を買ったからとか、仕事が変わったからとかの理由で、引越しをするという話を良く聞きます。
自分も何度も引越しをしてきているので、引越しの面倒さは良くわかります。

 

面倒なだけならいいのですが、料金が高いです。
安いと言われているところでも、結構取られます。

 

自分もお金を支払うのがいやで、引越しを自分でやっていたときもありました。
ですが、荷物が多いと自分でやるのにも限界があります。

 

今の引越し業者は、かなり安くなります。
ただ、一社だけに依頼をすると、値引きと言うのはそんなにありませんが、他社と競合すると、かなり安くなるのです。

 

それを知らない人が結構いるので、もったいないです。
競合するときには、各社から見積もりを取ります。

 

それを見て、どこが一番安いのかを確認したら、安いところの見積もりを他の業者に見せるのです。
基本的にはこれの繰り返しで、かなり値引きをすることが出来ます。

 

大きいと、一番高いときの半額くらいになりますから、これはやったほうがいいです。
もともと引越しと言うのは、時間がかかるものなので、出来ることならば業者に頼んだほうが楽でいいです。

 

問題は、安くしたから仕事をしっかりとしてくれない業者もいると言うことです。
大手なら問題ないと思いますが、そういったところの評判も良く調べておくのがいいです。